Cocoa

Cocoa入門

なんとなくMac OS Xの開発環境であるObjective-c Cocoaで開発してみる気になったので、簡単なアプリを作成。

環境の構築は、付属のDVDに入っていたXcodeをインストールするだけでOK。

開発の主な流れとしてはInterfaceBuilderでUIを作って、それに対してコーディングを行う。

キャンバスのような物にごりごり書くプログラムなら、NSViewクラスを継承したクラスを作成し、 それをInterfaceBuilder上でUIの上に配置してNSViewクラスのdrawRect関数をオーバーライドすると その中に描画することができる。

#import "DotView.h"


@implementation DotView

- (id)initWithFrame:(NSRect)frame {
    self = [super initWithFrame:frame];
    if (self) {
		center = CGRectMake(20, 20, 20, 20);
    }
    return self;
}

- (void)drawRect:(NSRect)rect {
	CGContextRef context = [[NSGraphicsContext currentContext] graphicsPort];
	CGContextSetRGBFillColor(context, 1, 1, 1, 1);
	CGContextFillRect(context, NSRectToCGRect([self bounds]));
	
	CGContextSetRGBFillColor(context, 0, 0, 1, .5);
	CGContextFillRect(context, center);
}

- (void)mouseDown:(NSEvent *)theEvent{
	center.origin = NSPointToCGPoint([theEvent locationInWindow]);
	[self setNeedsDisplay:YES];
}

- (void)mouseDragged:(NSEvent *)theEvent{
	[self mouseDown:theEvent];
}
@end

開発に必要なドキュメントはXcodeのヘルプの製品ドキュメントより参照可能。

そのほか開発に必要な物は全てApple Developer Connectionにある。なお、WWDCのCocoaFoundationに関する1時間くらいのデモビデオが非常にわかりやすいのでオススメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ActionScript | Android | Cocoa | DSi | WebService | 文房具