« 2008年2月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年3月

Cocoa入門

なんとなくMac OS Xの開発環境であるObjective-c Cocoaで開発してみる気になったので、簡単なアプリを作成。

環境の構築は、付属のDVDに入っていたXcodeをインストールするだけでOK。

開発の主な流れとしてはInterfaceBuilderでUIを作って、それに対してコーディングを行う。

キャンバスのような物にごりごり書くプログラムなら、NSViewクラスを継承したクラスを作成し、 それをInterfaceBuilder上でUIの上に配置してNSViewクラスのdrawRect関数をオーバーライドすると その中に描画することができる。

#import "DotView.h"


@implementation DotView

- (id)initWithFrame:(NSRect)frame {
    self = [super initWithFrame:frame];
    if (self) {
		center = CGRectMake(20, 20, 20, 20);
    }
    return self;
}

- (void)drawRect:(NSRect)rect {
	CGContextRef context = [[NSGraphicsContext currentContext] graphicsPort];
	CGContextSetRGBFillColor(context, 1, 1, 1, 1);
	CGContextFillRect(context, NSRectToCGRect([self bounds]));
	
	CGContextSetRGBFillColor(context, 0, 0, 1, .5);
	CGContextFillRect(context, center);
}

- (void)mouseDown:(NSEvent *)theEvent{
	center.origin = NSPointToCGPoint([theEvent locationInWindow]);
	[self setNeedsDisplay:YES];
}

- (void)mouseDragged:(NSEvent *)theEvent{
	[self mouseDown:theEvent];
}
@end

開発に必要なドキュメントはXcodeのヘルプの製品ドキュメントより参照可能。

そのほか開発に必要な物は全てApple Developer Connectionにある。なお、WWDCのCocoaFoundationに関する1時間くらいのデモビデオが非常にわかりやすいのでオススメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneSDK

Androidの時のように色々プログラムを書いたりソースをあげていたりしていたのですが、どうやらNDAとかの諸々でまずそうなので、一旦削除します。とりあえず現在はTouch系のAPIの利用方法がわかり、手低レベルのグラフィックAPIもわかってきた感じ。で、現在困っているのがXcodeからiPod touchに転送できないという問題くらいですかね。

もう少し詳しくわかったら平気な範囲で随時更新していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Android本が登場

どうやらAndroid本が出たようです。僕が確認している中では一冊目。

と思っていたら、もう一冊あったので両方貼っておきます。

右の方は買っていませんが、左の方は買ったので軽くレビューを

  • Androidの主要な機能を一通りカバーしている
  • もちろんソースコード付き
  • Android英語ばっかりでよくわからんという人にはオススメ
  • 残念ながら最新版のSDKではない

とまぁこんなところです。開発をするなら一通り読んで損は無いかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノート

日頃お世話になっているshi3z氏のブログにて、ノートネタが投稿されていたので、 ノートオタクとしてはいてもたってもいられずトラックバック。

なかでも僕は無地の紙に書くのが大好きです。 旅先などで急にノートを探すと、罫線の入っているモノしか買えないのですが、罫線はアイデアを考えるときに結構邪魔です。だから「お絵かき帳」や「計算用紙」みたいなものに絵を描くことが多いです。

もう何というかおっしゃる通り。まさしくそう。罫線のあるノートに物を書くなんて信じられない。

きっかけは祖母の家で偶然一冊の無地ノート。罫線ノートではどうも分数やインテグラルがうまく書けず、いつもイライラしていたのですが、無地ノートなら自由に書けるじゃないか!ということでそれを頂き使ってみると、非常にいい。以来無地ノートの魅力に取り付かれてしまったのです。


そのノートは少し柔らかめの真っ白なムックのようで、表紙は何も書いてない、中も何も書いてないという驚異的なノートでした。まぁ↓こんな感じ。

でもって、そのノートがあっさりなくなってしまってからは、ひたすら次のノートを探し求める日々。無印良品にて、それとほとんど同じノートを発見するも、紙質があまりよくなかったので却下。で、色々探した結果を以下に。

というわけで、今現在愛用しているノートはMoleskine Plain Notebook Largeこれ最強。

で、shi3zさんがおすすめしている4コマノートですが、これもMoleskine Storyboard Notebookという名前で出ている。誰が使うんだよとか思っていたら、意外と身近なところに買いそうな人がいるもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年11月 »